2014年10月27日

Windows 8.1起動と終了、乗り換えの便利技(115-116)


115 許可されたアプリだけを実行できるようにするには
  管理者は、標準ユーザーが実行できるアプリを制限できます。特定のアプリの起動を禁止したり、特定のアプリの起動のみ許可したりすることができます。前者の方法では管理者が想定していないアプリを標準ユーザーが起動できてしまうため、ここでは後者の方法の手順を説明します。

116 ソフトウェアの利用を制限するには
  標準ユーザーのアカウントでサインインしたときに、1つのアプリだけしか起動できないように設定できます。例えば、Internet Explorerしか実行できないようにできます。このようにアプリヘのアクセスを制限したいときは、windows8.1 Professional[その他のアカウント]の画面で設定します。







関連記事:





Posted by katarbolg at 15:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。